2022年7月28日木曜日

小学校の教室増改修工事

まんだち幹夫通信 2022年7月29日号 No.736 (PDF)

区議会文教委員会は25日、3小学校の教室増設工事についての報告を受け審議しました。

区内3小学校で、少人数学級対応で教室増設に

1クラス35人学級が毎年広がるなか、またこの間の児童数の増加により小学校の教室不足が課題になっています。すでに大塚小と駒本小、小日向台町小の増設が行われ(工事中含む)、さらに令和6年度の完成をめざして林町、湯島、本郷小で校庭への校舎増築工事で対応する計画です。

大手企業への一括受注でなく、地元業者へ仕事を

増設工事は、工期が短縮できるという理由で鉄骨プレハブを5年リースで建てます。これだと大手リース会社が設計、建設と外構工事なども一括受注し、地元業者に仕事が回りません。急いで35人学級に対応することは当然ですが、今後、すべてこうしたリース契約が基本とならないよう、工事のあり方の改善を求めました。阪神淡路大震災を経験して小中学校の耐震補強工事も、この間の内装を中心とした快適化工事も、基本的に区内業者が請け負いました。コロナ禍や資材の高騰が続く中で、地元事業者への仕事おこしも据えた事業となることを要望してゆきます。


2022年7月24日日曜日

3年ぶりの朝顔ほおずき市

昨日と今日は、文京区小石川の伝通院、源覚院などでの「朝顔ほおずき市」です。3年ぶりの開催。

近隣町会として朝顔売りのスタッフで今日も汗びっしょりに。

たいへん盛況です。こうしたイベントが、待ち焦がれていたのでしょうね。

 



2022年7月21日木曜日

区議会文教委員会で広島県教育センターを視察

まんだち幹夫通信 2022年7月22日号 No.735 (PDF)

不登校等児童生徒への支援の充実に努力

子どもの実態に応じた多様な「選択肢」と「自己決定」の教育

文京区議会文教委員会は13・14日、広島県教育委員会事務局学びの変革推進部と、健康推進部子供未来応援課を視察しました。

広島県では教育委員会に、「個別最適な学び担当」を令和元年に新設。様々な調査と実証研究を行い、昨年度「不登校支援センター」を設置しました。今年度からは県内
33校にスペシャルサポートルーム(SSR)を設置して推進。そこは、「通常の教室への復帰を前提としない」「居場所であるとともに成長できる場」などの立場で利用する児童生徒の伴走者として担当者を配置しています。施設内も明るく、堅苦しい教室のイメージではありません。オンラインも活用し〝つながり〟を広げています。

各々の個性を大事にして「成長できる場」をつくる―区政にも生かしたいと思いました。


千川増強幹線事業 工事の進捗を視察

まんだち幹夫通信 2022年7月22日号 No.735 (PDF)

区議会災害対策特別委員会で19日、千川増強幹線事業を視察しました(窪町東公園地下)。

千川通り地下に内径3.75ⅿ、全長2.5kmの下水道管に雨水を貯め水害を防ぐものです。貯められる雨水量はなんと25mプール85杯分。工事の完了は令和5年度末です。視察では下水道管には入れませんでしたが、その巨大さは実感できました。


2022年6月17日金曜日

区立小中学校の特別教室の改修 −− 根津小に続き九中、十中も順次進めることが明らかに

まんだち幹夫通信 2022年6月17日号 No.733 (PDF)

6月区議会文教委員会で質疑

文京区議会文教委員会が14日開催され、議案4,請願3,報告事項3件を審議しました。

児童数増、少人数学級対応をいそげ

議案のひとつは、昨年度から国が法改定して進めている35人学級対応の駒本小学校の増築校舎の契約案件でした。再来年には普通教室が足りなくなる予測から、既存校舎のわきに重量鉄骨の仮設校舎(2階)を建てます。これにより普通教室は15室まで可能となります。

一方新築の誠之小学校は今、第二期工事(来年度中)が進められていますが、普通教室が8室できる工事完了時までに教室が足りなくなる事態となり、これも校庭に仮設教室を急きょつくることの委員会報告がありました。


根津小に続き、九中、十中も

審議の最後は一般質問。小中学校の特別教室の改修問題を質問。「快適性向上事業」が終わったら計画的に進めるとしていたのに、根津小学校の音楽室の改修以外は計画がとん挫した状況です。

区は議会にも関係者にも特別教室の改修工事を約束し、昨年度「基礎調査」もしています。「方針変更したのか」と質すと、「雨漏りの対策として屋上防水など行った根津小、また九中、十中など進めていきます」との回答。やっと前身の兆しが。さらに改修がすすむよう現場からの声を届けます。

子どもたちが元気でたくましく育つ環境づくりが大事

まんだち幹夫通信 2022年6月17日号 No.733 (PDF)

 14日の区議会文教委員会で「児童・生徒の体力、運動能力、運動習慣等調査」結果が報告されました。全国・都と比べて、「全体的に体力・運動能力が低い。ただし『50m走』は全国を上回る…」結果が出ています。

私は、優れている面や種目はよく研究し分析をすること。また、基礎体力を培える学校体育の充実をはかり、子どもたちが元気でたくましく育つ環境づくりが必要と指摘。そのためにスポーツ広場、自然のあそび場、学校の体育施設の充実をはかり、安全で、思いきって体を動かせる環境をつくることを求めました。


2022年5月27日金曜日

区内小中学校の施設調査:手つかずの特別教室、職員室などの改修を急げ

まんだち幹夫通信 2022年5月27日号 No.730 (PDF)

 「快適化」改修工事できれいになったが…

日本共産党区議団は5月の10日から17日まで、区内20校の学校施設調査を行いました。

蜜を避けて、児童生徒への負担にならないよう気を付けながら、一日に4~6校を2組で訪問。一定時間、校長先生の話を伺い校内を視察しました。

長年にわたって党区議団が要求した改修工事(快適性向上事業)がほぼ完了し、普通教室と廊下、トイレなど改修が進み、学校医全体が明るくなった感じを受けます。

一方で視察の目的に理科室、図工室などの特別教室は、やはり手が入って
おらず、水回りや床、〝昭和感〟漂うコンロや調理台…。教卓に大きな穴が開いていたり、床はPタイルのつぎはぎ、ひび割れ、ウグイス張りなども。

教育委員会も私たちのこれまでの指摘で一昨年、特別教室の点検を行い「劣化度」が高い202教室を公表しましたが、今年度の改修工事(設計)は1校1教室のみです。「35人学級の用意のため…」など理由をあげますが、だからと言って現状のままでいいはずがありません。

今回の調査をもとに、目前の6月区議会でとりあげ、教育環境の整備、学校間の格差をなくしていきます。


天井の雨漏り跡