2021年1月15日金曜日

社会保障を切り捨て自己責任おしつける、新自由主義の破綻は明瞭。「ケア」に手厚い社会をつくります。

まんだち幹夫通信 2021年1月15日号 No.664 (PDF)

昨年末、共産党が提案した「新しい日本をつくる5つの提案」は、これまでの選挙公約ではなく、次の総選挙で自公政権を退陣させ野党連合政権をつくるうえでの共通した政策となるものです。その内容を順次紹介していきます。

新自由主義から転換し、格差をただし、暮らし・家計応援第一の政治をつくる

新型コロナ危機をつうじて、新自由主義の破綻が、世界でも日本でも明瞭になりました。この路線を根本から転換することは急務です。

◆ケアに手厚い社会をつくります。

政府の責任で、医療・介護・障害福祉・保育など、ケア労働に携わる人々の待遇の抜本改善をはかる。公立・公的病院の統廃合(東京では、都立病院の独法化)、75歳以上の医療費値上げなど窓口負担増、年金削減など、社会保障削減政策を中止し、拡充への抜本的な転換をはかる。

◆人間らしい雇用のルールをつくります。

コロナ危機で最も深刻な打撃を受けているのは、非正規雇用労働者、フリーランスの人々、とりわけ女性と若者です。労働法制の規制緩和路線を抜本的に転換し、最低賃金を時給1500円に引き上げ、8時間働けばふつうに暮らせる社会をつくる。

◆疲弊した地方経済の立て直しの柱に中小企業と農林水産業の振興を位置づけます。

コロナに乗じて中小企業を「淘汰(とうた)」する暴政をやめさせ、中小企業を日本経済の根幹に位置づけ振興をはかる。

◆消費税を緊急に5%に減税し、経営の苦しい中小企業に対して2019年度・20年度分の納税を免除。

コロナ禍のもと空前の資産を増やしている富裕層、大企業に応分の負担を求める税制改革を行う。

野党連合政権で、ぜひ、実現させましょう。


支持率はさらに急落つづける菅政権

まんだち幹夫通信 2021年1月15日号 No.664 (PDF)

年明けからの区内一巡宣伝や年末年始のあいさつの中で、菅政権への支持の急下落を実感します。

コロナ対策、学術会議問題、「桜」疑惑と国会や記者会見での首相の対応…。早くも「菅政権の終わりの始まり」がささやかれています。新年のダイエー小石川店前宣伝でも、福手、ほその両氏に握手をもとめる人、街宣予定を聞き激励に来られた方もいるなど。これらの声に応えていきます。



2021年1月8日金曜日

科学を無視し、「自己責任」押し付けの政治から、日本と東京の政治を変える2021年に!

まんだち幹夫通信 2021年1月8日号 No.663 (PDF)

2021年、新しい年が明けました。今年もよろしくお願いいたします。

コロナ感染拡大の中での年越しです。7日から再び緊急事態宣言の下での生活となりました。コロナ対応への今の政治は、何が問題なのでしょう。

ひとつは科学の無視です。

人口比で世界149位というPCR検査の遅れに象徴されています。政府は、無症状者を把握・保護する検査戦略を持とうとしていません。「検査・保護・追跡」の抜本的拡充という科学の原則にたった取り組みが必要です。

二つには「自己責任」の押し付けです。

菅首相が「自己責任」だけではどうにもならないコロナ対策にまで新自由主義の思想を押し付けていることは罪深いことです。医療機関への減収補てん、持続化給付金の第2弾をはじめ、直接支援の継続・拡充や休業・自粛要請に対する十分な補償を求めます。

 一方で、昨年を振り返ると「声をあげれば政治は変えられる」ことも明らかになりました。「自粛と一体に補償を」との声を上げ直接支援の道をこじあけるとともに、小学校の全学年で35人以下への引き下げを決めさせたことは特筆すべき成果です。『自己責任』の押し付けを社会的連帯ではねかえしましょう。

今年は、総選挙と都議選が行われる勝負の年です。市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で、菅政権に退場の審判をくだし、政権交代を必ず実現し、野党連合政権をつくる年にするために頑張ります。



危機乗り越え、新しい 日本をつくるために

まんだち幹夫通信 2021年1月8日号 No.663 (PDF)

「まだ昨年の支払いが終わっていない。さらに今、融資の相談をしている。早くなんとかしてほしいですね」「こんな状況で、本当にオリンピックやるつもりなの?さらにコロナが蔓延するのに。」―

新年、さまざまな声が聞こえてきます。いずれもコロナ禍での菅政権の対応への怒りが込められています。「自民党も都知事もキライ。コロナ対応でも選挙や保身のためとしか思えない。今の政治家は『小さい』な。」とも。

【危機をのりこえ、希望ある新しい日本をつくる年に―「党旗びらき」での志位委員長のあいさつ】=共産党のホームページ、1月5日付「赤旗」日刊紙掲載=を、ぜひお読みください。


2020年12月23日水曜日

今年一年のご支援、ご協力に感謝します

まんだち幹夫通信 2020年12月25日号 No.662 (PDF)

強権的で疑惑隠し、コロナ対応には極めて不十分。来年を、国政・都政を変える年に!  

今年もあと数日です。今年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。

年明けからの新型コロナウイルス感染に、振り回された一年でした。まだまだ感染拡大が続いています、どうぞお気を付けください。

共産党区議団は3月から4次にわたって、区長・教育長にコロナ対応の緊急申し入れを行ってきました。PCR検査の拡充や自粛に伴う補償、早急な「給付金」の支給などを要望し、区の補正予算には追加要望なども提案してきました。これを受けるかたちで区も、10月からのPCR検査を拡充(随時検査や定期検査=まだまだ不十分ですが)しました。

夏には都知事選挙が行われ、野党は宇都宮けんじ候補を押し上げ善戦。今後の国政での野党共闘につながりました。

9月、7年8カ月続いた安倍政治が破たんし、菅政権が発足しました。高支持率でスタートした政権でしたが、日本学術会議への政治介入問題、コロナ禍への後手後手、防止に逆行する施策で支持率は急落。各紙世論調査でも不支持が支持を上回る結果がでています。

来年は総選挙と都議会議員選挙の年です。野党共闘の勝利と、そして日本共産党を大きくして、政権交代を実現する決意です。都政でも日本共産党をさらに大きくし、なにより医療・福祉をはじめとした暮らしを最優先にして雇用、営業を守り、教育、環境に行き届いた政治を求めていきます。

来年も、よろしくお願いいたします。


「新しい日本をつくる5つの提案」

まんだち幹夫通信 2020年12月25日号 No.662 (PDF)

先日の日本共産党の会議で志位委員長が「新しい日本をつくる5つの提案」を行いました。野党共闘の合意できる政策にもつながっています。

  1. 新自由主義から転換し、格差をただし、暮らし・家計応援第一の政治をつくる
  2. 憲法を守り、立憲主義・民主主義・平和主義を回復する
  3. 覇権主義への従属・屈従外交から抜け出し、自主・自立の平和外交に転換する
  4. 地球規模の環境破壊を止め、自然と共生する経済社会をつくる
  5. ジェンダー平等社会を実現し、多様性を大切にし、個人の尊厳を尊重する政治を築く

どれもこの間の政治が壊してきた、当たり前の提案です。声を合わせましょう。

2020年12月18日金曜日

シビックホールの改修――合計64億円超に!生活支援最優先に、入札や契約のあり方の見直しを

まんだち幹夫通信 2020年12月18日号 No.661 (PDF)

文京区議会総務区民委員会で審議

12月4・7日の総務区民委員会では、先に報告したPCR検査拡充に係る補正予算案(全会一致で可決)の審議のほか、シビックホール改修の契約の議案を審査しました。

東日本大震災を受けて耐震基準が見直され、シビック大・小ホールも基準を満たさなくなったことから、来年4月から1年半にわたって閉館し、つり天井とその他の改修も行います。工事請負、電気設備と機械設備工事が、合計でなんと64億円を超えます(工期は2022年度まで)。

当然、既存不適格となっている天井の改修はしっかり実施すべきです。しかしこの契約は、足掛け3年間の総額での一括契約のため、天井改修部分と音響や舞台、昇降機やトイレ改修など個々の内訳が、審査の中でも明らかに示されませんでした。また、コロナ禍で区税収入が落ち込むことは予算編成方針でも明らかですが、今後3年にわたって巨額の予算化をしていいのか、一括工事契約でなく、工事内容ごとに分離した契約形式をとるべきと主張し、原案には反対しました。

工事請負契約は、入札に応じたのは1共同事業体(清水建設他)のみでした。落札率も99・4%と、入札のあり方も問われています。

「シビック改修計画」では総額約200億円の改修費